種や葉に注意

少量の摂取であれば、猫にリンゴを与えたとしても問題はありません。飼っている猫がいつも食べているエサに飽きてしまっているときに、少量のリンゴをすりおろすなどしたものを加えてみると、珍しがって食いつきが良くなってくれるような場合もあるでしょう。ただし、与える場合には種や葉に注意が必要です。市販のリンゴに葉が付いているようなことはないため、普通は間違って与えてしまうようなことはありません。ただし、種を食べてしまうということは十分に起こり得る問題です。

なぜリンゴの葉や種に気をつけないといけないのかといいますと、青酸配糖体という物質が含まれているためです。猫にとってこの物質は有害であり、虚脱、けいれん、呼吸困難などの症状が出現し、最悪の場合には命を落としてしまうことにもなりかねません。なお、青酸配糖体はリンゴのほかにモモ、さくらんぼ、アーモンドなどの葉や種にも含まれているため注意が必要です。

家で飼い猫にリンゴを与える場合には、過剰摂取だけでなく間違って種を食べてしまうことがないよう、実の部分だけを少し与えてあげることが大切です。もしも間違って種を食べてしまった場合には、症状が出現していなくても動物病院へ連れて行くことが、飼っている猫の命を守るためには大切といえるでしょう。

リンゴは与えて問題ない?

家で飼っている猫に、リンゴ自体は与えてかまわないのか、この点を心配する飼い主は少なくないでしょう。猫がかわいらしくリンゴを食べている画像や動画などを見て、自分もやってみたいけれど、安全なことを確認したいと思った人もいるはずです。

この点に関してですが、少量であれば問題はありません。ただ猫は本来は肉食動物です。猫の体のなかにある胃の分泌液中には、消化を行ってくれる酵素の含有量にとぼしいという弱点があります。そのため植物性のものを体内で処理するのが苦手であり、リンゴに含まれている繊維質などの処理を消化器官で行えない可能性があります。
以上の理由で、リンゴを与えるときには過剰摂取にならないよう、注意する必要があります。消化をうまく行えない場合に起こり得る症状としては、お腹を下してしまったり、便通を悪くしてしまったりといったものがあります。症状を起こした場合には与えるのをやめ、動物病院へ連れて行ってあげましょう。

なお、リンゴを摂ることは栄養補給に役立つかですが、肉食動物であるため、リンゴを食べたとしても含まれている栄養素のほとんどを体内で役立てることができません。また、タンパク質やミネラル類を十分に取り込めず、糞便と一緒に排泄されてしまいます。消化の悪いものを摂っていて腸内環境が悪化し、免疫力がダウンして病気のリスクを高めてしまうという心配もあります。

リンゴ使用キャットフード

一口にキャットフードといっても、日本産と海外産のものまで含めると、非常に多くの企業からたくさんの種類の商品が発売されています。なかにはリンゴが原材料のひとつとして使用されている商品もあります。そしてそのような商品では、高品質なものもあります。

キャットフードは高タンパク低炭水化物がベストとよくいわれています。猫は本来は肉食動物であるため、炭水化物の消化が非常に苦手です。リンゴが使用されているキャットフードのなかには、新鮮で高品質な肉や魚を主体として使用し、全体の70%を占めているようなものもあります。そのうえ、残りの30%はリンゴを含む新鮮な果物や野菜で、穀物不使用(グレインフリー)のフードという低炭水化物の条件を満たしているものもあるのです。

また、人工添加物が大量に使用されていないことも、良質なフードの条件です。添加物のなかには発がん性があり、飼っている猫に与えていることでガンのリスクを上昇させるなど、病気の原因になるようなものまであります。リンゴが使用されているフードのなかには、人工防腐剤が使用されていないなど、無添加の商品もあります。高品質ということで価格は低価格帯のフードに比べると割高ではありますが、猫の健康管理という面で考えるとメリットはあります。ただ心配なこととして、リンゴが猫の体にとっては大丈夫なものなのかということがあります。当サイトではこのあたりのことも解説していますので、興味のある方はチェックしてみてください。

TOPIC:モグニャン|愛猫の食欲をそそる香りと味わい!穀物不使用のキャットフード―MogNyan
リンゴを使用しているキャットフードのサイトです。