リンゴ使用キャットフード

一口にキャットフードといっても、日本産と海外産のものまで含めると、非常に多くの企業からたくさんの種類の商品が発売されています。なかにはリンゴが原材料のひとつとして使用されている商品もあります。そしてそのような商品では、高品質なものもあります。

キャットフードは高タンパク低炭水化物がベストとよくいわれています。猫は本来は肉食動物であるため、炭水化物の消化が非常に苦手です。リンゴが使用されているキャットフードのなかには、新鮮で高品質な肉や魚を主体として使用し、全体の70%を占めているようなものもあります。そのうえ、残りの30%はリンゴを含む新鮮な果物や野菜で、穀物不使用(グレインフリー)のフードという低炭水化物の条件を満たしているものもあるのです。

また、人工添加物が大量に使用されていないことも、良質なフードの条件です。添加物のなかには発がん性があり、飼っている猫に与えていることでガンのリスクを上昇させるなど、病気の原因になるようなものまであります。リンゴが使用されているフードのなかには、人工防腐剤が使用されていないなど、無添加の商品もあります。高品質ということで価格は低価格帯のフードに比べると割高ではありますが、猫の健康管理という面で考えるとメリットはあります。ただ心配なこととして、リンゴが猫の体にとっては大丈夫なものなのかということがあります。当サイトではこのあたりのことも解説していますので、興味のある方はチェックしてみてください。

TOPIC:モグニャン|愛猫の食欲をそそる香りと味わい!穀物不使用のキャットフード―MogNyan
リンゴを使用しているキャットフードのサイトです。